【アプリ無しでOK】楽天カードマイナポイントをコンビニで手続きしよう

楽天カードのマイナポイントが、2020年10月21日よりマイナポイント手続きスポットからでも申し込み出来るようになりました!

マイナンバーカードを取得した後は、手続きスポットへ行って必要情報の入力をするだけでOKです。これならスマホアプリのダウンロードも、カードリーダーも必要ありません。

あまり使わない決済サービスでマイナポイントを申し込むよりも、普段から使っているカードで簡単&確実にポイントをもらうのが一番ではないでしょうか。

今回は手続きスポットの中でも行きやすいコンビニを例に解説します。

サクッと手続きを終えちゃいましょう!

目次

手続き可能なコンビニ

ローソン(マルチコピー機)or セブンイレブン(セブン銀行ATM)でのみ手続きできます。

コンビニに持っていくもの

  1. マイナンバーカード
  2. マイナンバーカードの4桁の暗証番号
  3. 決済サービスIDとセキュリティコード(楽天e-NAVIで確認)

決済サービスIDとセキュリティコードの確認方法

楽天e-NAVIにログインし、マイナポイントのバナーをクリックする

楽天e-NAVI

すると次のページですぐに確認することができます。

メモを取ったりスクリーンショットを取ったりしておきましょう。

マイナポイント決済サービスIDとセキュリティコード

受付時間

下記時間以外はマイナポイントの紐づけ手続きができませんのでご注意ください!

  • 平日 9:30~20:00
  • 土日祝 9:30~17:30

操作方法

上記の受付時間内に、コンビニの端末を操作しに行きます。

今回はローソンのマルチコピー機で手続きしました。

行政サービス → マイナポイントの順にタップし、後は画面に従って入力していけばOKです!

詳しい操作手順はこちら↓

最後まで進むと申し込み完了画面が出ます。

ローソンでの手続き完了後、楽天e-NAVIにログインすると、状況表示が”申込済み”に変わっていることが確認できます!

あとは2万円以上カードを使えば5000ポイントが還元されます。

楽天カードマイナポイント還元の注意点

楽天カードでのマイナポイントは、累積で2万円以上の使用を達成した翌々月25日に還元されます。

逆に言えば、2万円使うまではマイナポイントの還元対象にはなりません。(楽天カードユーザーであれば、おそらく最初のひと月で達成する人がほとんどだとは思いますが…)

もしもマイナポイント事業終了時点で累積利用金額が2万円未満だった場合、累積利用金額の25%分が2021年5月25日頃に付与されることになるようです。

まとめ

以上、楽天カードマイナポイントをコンビニで手続きする方法と注意点でした。

まだマイナンバーカードを作っていない方は以下も参照してみてください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる